トップへ
トップへもどる
筋肉の重要性のお話
 

近年シェイプアップや介護方面からも非常に重要視されるようになった筋肉

筋肉は私たちが生活するうえで、とても大切な役割をしています。
骨格筋(身体を支えている筋肉「足・腕・腹・背中」)は自分の意思でコントロールが可能であり、加齢とともに徐々に衰えますが、適度に筋肉を使うことで予防できます。特に40歳以上では、適度な運動をしている人とそうでない人とでは歴然とした差が生じてきます。

筋量の減少を抑制するためには、筋力トレーニングが必要なのですが、「高齢だから」とあきらめてしまう人もいます。しかし、80歳代の人でも適切な筋力トレーニングを行えば、筋量は増えます。筋トレを始めるのにいつ始めても遅いということはありません。

また、筋肉はダイエットの観点からも非常に重要です。

苦しい食事制限のダイエットは、脂肪を減らし一時的に体重が落ちますが、同時に筋肉も減らしてしまいます。筋肉が減るとどうなるか?それは、脂肪燃焼に一番大切な基礎代謝がおちてしまうのです。すると、脂肪を燃焼できない「太り体質」になってしまいます。

基礎代謝とは、私たちが生きていくうえで最低限使われるエネルギー代謝のことで、呼吸や内臓の消化吸収などに使われ、眠っているときも消費されています。一日の消費エネルギーのうちの約半分を占めるのがこの基礎代謝。無意識のうちに消費できるエネルギーなので、これが多いか少ないかで、余分な脂肪を効率よく燃やせるかがきまります。

つまり、筋肉が多いと基礎代謝が向上し、体脂肪の燃焼や肥満予防につながります。

最近では、ウォーキングをされる方が多くみうけられます。ウォーキングのような有酸素運動は血圧を下げたり、血中脂質の状態を改善したりするのに有効です。しかしながら、ウォーキングのみでは筋量の低下を抑えたり筋量を増やすには不十分です。

ですから筋肉トレーニングをすることが、健康を維持・増進させる近道です。

自宅で、日常の暮らしの中で筋トレを続けられたらそれに越したことはありません。しかしながら、通販で健康器具を購入してもなかなか続けられないのが現状ではないでしょうか。だって、おうちはくつろぐための空間ですもの。

そんな方こそトレーニングジムをぜひご利用ください。ジムは体を鍛えるための専門の施設ですから、そこに行けばやることはトレーニングです。ほかの方が励んでおられる姿を見ればきっとやる気が沸いてきます。

  どうしても通い続けるのが無理な方は、「半年だけ」といったような期間限定でも大いに価値はあると思います。
正しい方法を身につければ、その後の自宅でのトレーニングを効率よく行えるようになるとおもいます。まずはスタートさせることです。

 

お役立ち情報